カルシウム不足 歯

カルシウム不足 歯

カルシウムと歯について

歯や骨というのは、カルシウムを蓄えておくところです。

 

しっかりとカルシウムを摂取して不足しないようにしておかないと頑丈で
強い歯にはなりません。

 

妊娠中の女性がお腹のなかの赤ちゃんにカルシウムを与えてしまって、
出産したあと歯が弱くなってしまう、という話は有名ですね。

 

また年をとってしまうとカルシウムそのものを吸収する力が弱くなってきて
しまうので、カルシウム不足になりがちです。

 

そうすると歯は弱くなっていき、抜け落ちてしまうこともあります。

 

この場合の原因としては歯そのもの他に歯の周りの組織の病気である
歯槽膿漏などの細菌性の病気の関係もありますが、カルシウム不足に
ならないように十分なカルシウムをとっていることで歯の周りの骨や歯茎
も強くなるので、免疫への抵抗力もカルシウムが不足しているときとは
ぜんぜん違うようです。

 

歯を健康に保つために

このように歯を健康に保つためにはカルシウム不足にならないように
日頃からカルシウムの豊富な食材を使った食事をしたり、またはサ
プリメントを摂取するなど、カルシウムを補充することがとても大切
です。

 

できれば、他の栄養素なども考慮してカルシウムの吸収力を高め
られれば、さらに健康的歯になるのでいいかと思いますよ。

 

カルシウム不足 歯関連ページ

結果
カルシウム不足の結果、体にはどのような影響を与えてしまうことになるのでしょうか?このあたりを解説します。
カルシウムパラドックス
カルシウム不足になると人の体はカルシウムで満たされるという現象が起こる時があります。これをカルシウムパラドックスといいます。
筋肉の関係
カルシウム不足になると人の体の筋肉にはどのようなことが起こるのでしょうか?
高齢者の骨
一般的に高齢者になると骨はどうしても弱くなりがちということが言われていますが、それを克服することはできないのだろうか?
子供
カルシウム不足と子供成長にはすごく関係性が深いですね。子供はなぜ身長が伸びるのでしょうか?それは骨が成長するからですね。
肩こり
カルシウム不足と肩こりとはどのような関係にあるのでしょうか?どうやら肩こりの原因の一つとしてカルシウム不足はとても関係しているようです。
血管
カルシウム不足が血管に及ぼす影響について解説しています。
痙攣
カルシウム不足と痙攣には関係があるようです。しかもその関係は深いものといえるものです。
生理痛
カルシウム不足と生理痛には関係があるこということはいろいろなところで証明されています。しっかりとカルシウムをとって生理痛をやわらげましょう。
カルシウム不足と爪の関係。爪を健康的な強いものにするためにはカルシウムは必要なのでしょうか?
白髪
カルシウム不足と白髪は関係があることを知っている人はすくないようですね。ですが、実際に白髪が生える仕組みにカルシウムはとても影響を与えます。
肌荒れ
カルシウム不足と肌荒れの関係のことを考える時にポイントとなるのはターンオーバーです。
不妊
カルシウム不足と不妊が関係あることはあまり一般的に知られるところではありませんが非常に重要です。
ホーム RSS購読 サイトマップ