カルシウムと高齢者の骨

カルシウムと高齢者の骨

カルシウムと高齢者の骨が弱い理由

残念なことではありますが、年齢を重ねていくとどうしても骨というのは弱くなってしまっていくようです。ですが、どうして年齢を重ねていくとこのようなことになっていくのでしょうか?

 

それは年齢を重ねれば重ねていくほどに、必要なカルシウムの量というのは増えていくのに対して、カルシウムの吸収力といのは減少してしまうためであると、一般的に言われています。

骨のサイクル

骨というのは、意外に知られていない事実として、破壊と再生を繰り返しているという事実があります。つまり骨は作られては壊されということを常に行っているということです。

 

このメカニズムは破骨細胞が骨を溶かし、そして骨芽細胞が骨にカルシウムを吸着させるというサイクルの中で行われています。
(因みに、破骨細胞と骨芽細胞は皮質骨というものの中にあり血液中の栄養素によって骨代謝を行っています)

 

そしてこの骨のサイクルで問題となることはどのようなことかといえば、破壊されてしまった骨より同じ量以上の骨が作れるかどうかということです。破壊された骨の量以上に常に骨が作られている状態であれば骨の量というのは保たれ骨の障害に悩まされることもなくなってくるでしょう。

 

ただし、それはやはり日常的にカルシウム不足なっておらず、良質なカルシウムをしっかりと摂っているということが条件とされるようです。

 

ここでいう良質なカルシウムというのは、骨を作るのに適したカルシウムのことで、一部の専門家の間では善玉カルシウムと呼ばれることもあるようです。

 

当サイトトップページ→カルシウム不足

 

カルシウムと高齢者の骨関連ページ

結果
カルシウム不足の結果、体にはどのような影響を与えてしまうことになるのでしょうか?このあたりを解説します。
カルシウムパラドックス
カルシウム不足になると人の体はカルシウムで満たされるという現象が起こる時があります。これをカルシウムパラドックスといいます。
筋肉の関係
カルシウム不足になると人の体の筋肉にはどのようなことが起こるのでしょうか?
カルシウム不足になってしまうと歯はどうなってしまうのでしょうか?歯にとってカルシウムはとても大切な栄養素です。
子供
カルシウム不足と子供成長にはすごく関係性が深いですね。子供はなぜ身長が伸びるのでしょうか?それは骨が成長するからですね。
肩こり
カルシウム不足と肩こりとはどのような関係にあるのでしょうか?どうやら肩こりの原因の一つとしてカルシウム不足はとても関係しているようです。
血管
カルシウム不足が血管に及ぼす影響について解説しています。
痙攣
カルシウム不足と痙攣には関係があるようです。しかもその関係は深いものといえるものです。
生理痛
カルシウム不足と生理痛には関係があるこということはいろいろなところで証明されています。しっかりとカルシウムをとって生理痛をやわらげましょう。
カルシウム不足と爪の関係。爪を健康的な強いものにするためにはカルシウムは必要なのでしょうか?
白髪
カルシウム不足と白髪は関係があることを知っている人はすくないようですね。ですが、実際に白髪が生える仕組みにカルシウムはとても影響を与えます。
肌荒れ
カルシウム不足と肌荒れの関係のことを考える時にポイントとなるのはターンオーバーです。
不妊
カルシウム不足と不妊が関係あることはあまり一般的に知られるところではありませんが非常に重要です。
ホーム RSS購読 サイトマップ