幼児 カルシウム不足

幼児 カルシウム不足

幼児のカルシウム不足とその影響

幼児期にはしっかりと栄養を摂ることが必要です。その栄養素としてはカルシウム、鉄、タンパク質などがありますが、幼児の時にカルシウムが不足してしまうと、体の抵抗力、免疫力が低下するといわれています。カルシウム不足で免疫力が低下してまう結果としては風邪をひきやすくなったりすることもあるんだそうです。また、幼児のカルシウム不足と精神的な面での関係性も様々なことがいわれるようになってきいます。なかには精神障害を引き起こしてしまうこともあるようです。

 

また、幼児の時というのは、体そのものは小さいですが、体重あたりに必要なエネルギーというのは成人の2倍以上にもなるといわれています。これは幼児の時の基礎代謝(生きるために必要な最少のエネルギー)が成人より多く、成長に使われる必要エネルギーが大きいということです。カルシウムについては骨の発育や頑丈な歯を作るために使われるのはもちろん、そのほかの成長を支える様々なことに使われます。

 

注意していて欲しいのは現代の食生活のなかでは、カルシウムの不足というのは、一般的に販売されている食品などを見てもわかると思いますが、どうしても起こりがちな現象です。そんななかで幼児の栄養面を管理できるのはその親だけなので、しっかりとした食事を与えてあげて欲しいですね。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ