妊娠カルシウム不足

妊娠カルシウム不足

妊娠時のカルシウム不足とサイレントベビー

妊娠している時はいろんな栄養素が必要だということは誰もが知っている事実ですが、カルシウムに関してももちろんそれは言えることです。
ただ、この頃の妊娠している女性のカルシウムというのは以前よりもカルシウムが不足しているとも言われています。妊娠している女性が摂る栄養分はもちろんお腹のなかの赤ちゃんにも直接影響してくるものですが、カルシウムが不足している状態だと赤ちゃんが摂取するカルシウムが不足してしまうことはいうまでもありません。この頃はサイレントベビーという言葉があるようですが、これはそのまま静かな赤ちゃんという意味です。普通は赤ちゃんはお母さんのお腹の中からでてくる時は火がついたように産声をあげ、寝る時は手足を丸めるようにして寝ます。しかし、このサイレントベビーというのは、産声の大きさも小さくて、寝ているときもごそごそと動くことなく静かに寝ている赤ちゃんが多い傾向にあるんだそうです。そして、その一つの原因としてカルシウム不足が関係しているといわれています。

妊娠時のカルシウム不足と赤ちゃんの健康

妊娠している時のカルシウム不足とサイレントベビーとの間には関係があるといわれていますが、これはどうしこのようなことになるかといえば、それはやはり妊娠している女性の栄養面でも意識が低いといのが最も大きな原因と一つといえるでしょう。
妊娠している時にカルシウムを含めた栄養素をしっかりととった女性から生まれた子供というのはその後も体の免疫力の面で栄養素しっかりとっていない妊婦に比べて違いがあるといわれています。赤ちゃんが何かの病気なった時にはその違いあらわれることが良くわかるんだそうですが、よく言われるのは風邪です。風邪を引いた時にその抵抗力の違いといのが合われることが多いんだそうです。妊婦がカルシウムをしっかりと接種していると赤ちゃんが風邪をひいて、高熱を出しても抵抗力が強いので、それこそ数時間で熱が下がることもあるほどですが、カルシウム不足の妊婦から生まれた赤ちゃんはそうはならないことが多いんだそうです。もちろん、こういことには個人差というものは付きものですが、妊婦が摂る栄養がその後の赤ちゃんの成長に関係してるのはまぎれもない事実です。

ホーム RSS購読 サイトマップ