カルシウム不足 高血圧

カルシウム不足 高血圧

カルシウム不足が高血圧を引き起こすのか?

カルシム不足と高血圧の関係というのはお医者さんや医学に関係する人の間では知られていることが多いですが、あまり一般の人々の間ではまだその関係性については知られていないようです。ですが、そのカルシウム不足と高血圧の関係性が現代の医学で十分に証明されています。ここで高血圧のことを少し話します。血液は心臓のポンプ作用で全身に血液を送り出します。その時に血液が通る動脈の壁には平滑筋というものがあります。その平滑筋は動脈の内膣を広くしたり狭くしたりして調節をしています。この平滑筋の調節機能に何か故障があった場合血管の中の血液が血管を押し広げる力、すなわち血管内の圧力が高くなりますこれが高血圧というものです。(動脈性高血圧)
ここで出てきた平滑筋とうのがカルシム不足が高血圧を引き起こすことを知るポイントになる細胞なのですが、カルシウムが不足してくると、まず血液の中のカルシウムの濃度が下がります。そしてこれ以上血液の中のカルシウム濃度が下がると心臓が止まってしまったり、脳の働きが悪くなってしまう危険性生じてくるので、副甲状腺ホルモンが分泌されるように信号がされます。副甲状腺ホルモンが骨からカルシムを遊離させてそのカルシウムが血管、平滑筋細胞の中へ入っていきます。この平滑筋細胞にカルシウムが入っていくと平滑筋というのは収縮してしまいます。そうすると血液の流れに対してその抵抗が強くなるので、血圧は上がってしまうことになってしまう訳です。

カルシウム不足から引き起こされた高血圧は・・・・

カルシウム不足から引き起こされた高血圧の対策としてはもちろん、カルシウムをきちんととることが必要となってきます。普段の生活のなかで日常的に習慣的に摂取できるような環境にすることが最も大切です。
ただ、もしその高血圧の値が健康診断などで異常値とみなされるような場合はすぐにお医者さんに相談するようにしましょう。カルシウム不足から引き起こされる高血圧もそうですが、どんな原因であれ高血圧の状態であるということは、脳血管障害や心筋梗塞などの生命を危険な状態してしまう原因であることは多くの方が知るところです。

ホーム RSS購読 サイトマップ