カルシウム不足と骨粗鬆症

カルシウム不足と骨粗鬆症

カルシウム不足と骨粗鬆症

カルシウム不足の病気というと骨粗しょう症を思い浮かぶ人は多いと思います。いいかえれば、それだけ骨粗しょう症に悩む人が多いという裏返しでもあるような気もします。

 

年齢を重ねると骨というのはどうしても減少するようですが、この現象というのはいわば誰にでも起こることでもあります。骨粗しょう症というのは、骨量の減少の一種ではありますが、その程度が強くなってしまった状態とも言えます。

 

ただ、この誰でにでも起こる骨の減少と、骨粗しょう症との境界線というのは引きがたいものでもあるようですね。はじめのうちは誰にも起こる骨の減少として、自覚症状すらもないような状態から、いつの間にか骨粗しょう症になってしまっていて骨折をする、ということがよくあるそうです。これは要するにカルシウム不足にならないように常にカルシウムを摂取することはとても重要だということを意味していますね。

 

カルシウム不足で骨粗しょう症になる可能性があるということはある程度は多くの人に認知されていると思いますが、骨粗しょう症になりやすい人がいる、という事実もあります。

 

一般的なことでいえば、男性よりも女性の方が骨粗しょう症になりやすいといわれています。特に、更年期以後の女性。これはエストロゲンという女性ホルモンが深く関係しています。

 

また、太っている人と痩せている人では痩せている人の方が骨粗しょう症になりやすいともいわれます。その理由はシンプルで体重が重い人の骨といのは、それを支えるために骨は強くなろうとしますが、逆に痩せている人の骨は太っている人よりも骨は強くなろうとしません。

 

他には煙草をたくさん吸う人、お酒をよく飲む人がそうでない人よりも骨粗しょう症になりやすいといわれます。これはカルシウムの吸収を妨げる作用がこれらのものにはあるからなんだそうです。

 

 

カルシウム不足と骨粗しょう症の予防

カルシウム不足は骨粗しょう症に直接影響するので、カルシウムを常日頃から摂取することはその予防になることはいうまでもないですが、そのほかの骨粗しょう症の予防策としては運動をすることと、日光を浴びる事、があるとされます。

 

運動は基本的に筋肉を強くし、骨を強くします。毎日のちょっとした生活なかで体を動かす程度だけでも全然違ってくるようです。例えば、エレベーターを使わずに階段を使うとか、電車のなかでは座らずに立っているとか。外に行くときは少しの距離であれば歩いていく。そんなことでも続けている人とそうでない人では骨の強さというは違ってくるようです。

 

ただ、もちろん心臓病や狭心症のような病気をもっている人はそんなことをしてはいけないですよね。体の負担がかからないように工夫することが必要ですから。運動はあくまでも無理のない範囲で、ということです。

 

日光を浴びるというのは、ビタミンDを作るのに必要だからです。まったく日光に当たらないと皮膚でビタミンDは作られません。カルシウムの吸収とビタミンDは関係が深いこともありこの栄養素はカルシウム不足を解消するためにはどうしても欲しい栄養素の一つです。

カルシウム不足と骨粗鬆症関連ページ

糖尿病
カルシウム不足と糖尿病の関係というのは実はすごく密接な関係があるようです。それはカルシウム不足から起こるインスリンの分泌と関係がるからとされています。
認知症
カルシウムと認知症との間には一定の関係があるようですね。そのキーワードとしては悪玉カルシウムと海馬CAいというのがあります。
ガン
ガンといえば現代の医療を駆使しても治療することが難しいといわれる病気ですが、そのガンとカルシウム不足には一定の関係性があるようです。
心筋梗塞
カルシウム不足で引き起こされる病気には様々なものがあります。そうならないためにもカルシウム不足が起こらないように常日頃から摂取しておくことがやはり重要ですね。
不眠
カルシウム不足が不眠を引き起こす原因となる、ということを知っていましたか?
頭痛
カルシウム不足で頭痛が生じてしまうことがあります。偏頭痛のような痛みがある場合はカルシウム不足になっているかもしれません。
てんかん
カルシウム不足になると低カルシウム血症になることがありますが、てんかんの一つの原因としてこの低カルシウム血症があるようです。
リウマチ
カルシウム不足とリウマチには悪循環の関係があるといわれることがあります。それを断ち切るためにはカルシウムを十分に摂ることが重要なことでしょう。
アレルギー
カルシウム不足とアレルギーには関係があります。そのキーワードとなるの免疫と情報伝達です。アトピーもアレルギーの一種であるので関係があるといえるでしょう。
肝臓病
カルシウム不足と肝臓病。肝臓病はすごく怖い病気ですが、そのためにもカルシウム不足にならないようにすることが大切です。
カルシウム不足と痔につながりがあるのでしょうか?直接的ではないにしろ多少の関係はあるようです。
ホーム RSS購読 サイトマップ