カルシウム不足 アレルギー

カルシウム不足 アレルギー

カルシウム不足とアレルギーについて

カルシウムが不足するとアレルギーになるといわれることがありますが、それ
はどのようなことが体のなかで起こっているのでしょうか?

 

アレルギーというものは人の体の免疫反応に異常が生じてしまったとき発生
するものとされています。

 

人の体のなかに本来は不必要な有害な物質が侵入してきた場合、人の体
というのはそれを排除しようとする働きがあります。

 

これが免疫の働きです。

 

しかし、時にその免疫の働きが異常事態が生じてしまった時にアレルギー反
応がでてしまうとされています。

 

では、どうしてこのような免疫の働きとカルシウム不足が関係しているのか?

カルシウム不足と役割とアレルギー

カルシウムにはいろんな役割があります。

 

一般的な作用としてはカルシウムをとることで骨が丈夫になったり、精神
的にイライラしなくなったりするといわれていますが、そのほかにもカルシウ
ムには重要な役割があります。

 

それは人の体のなかでの情報伝達機能、という役割です。

 

アレルギー反応での場合は考えると、カルシウム不足の状態によって体
内では血液や細胞でのカルシウムの濃度のバランスが悪くなります。

 

この濃度のバランスが悪くなると、人の体に外部から有害な物質が入って
きた時の免疫力や、そもそも有害でないものに対する過剰な免疫反応と
いう形で本来の免疫反応とは違う状態が生じてしまうことがあります。

 

これは免疫に関する情報伝達機能にエラーが生じてしまっているような状
態であるといえます。

カルシウム不足がアレルギーの原因かどうかは可能性の一つ

アレルギーは本来は有害でないような物質に対しても免疫が過剰な反応
を示してしまう時に生じますが、これはまさにカルシウムの濃度のバランスが
悪くなってしまった時に起こりえること、といえます。

 

もちろんカルシウムがすべての唯一の原因とするのはリスクのあることですが、
カルシウムが不足していることも原因の一つとして考慮することはいいことか
も知れません。

カルシウム不足とアレルギーの一種であるアトピーについて

アトピーもまたアレルギー反応の一つということができます。

 

アトピーは皮膚の炎症の過剰症の一種にあたるので、先ほどのカルシウム
不足が原因の免疫の過剰反応が関係している、といわれています。

 

アトピーもすべての原因がカルシウム不足からくるものと断定することはでき
ないと思いますが、カルシウム不足が原因の一つとしての可能性を否定す
ることはできないでしょう

カルシウム不足 アレルギー関連ページ

骨粗鬆症
カルシウム不足からくる病気といえば一番最初に頭に思い浮かぶ病気が骨粗鬆症。この骨粗鬆症というのは実は多くの人が抱える病気でもあるようです。
糖尿病
カルシウム不足と糖尿病の関係というのは実はすごく密接な関係があるようです。それはカルシウム不足から起こるインスリンの分泌と関係がるからとされています。
認知症
カルシウムと認知症との間には一定の関係があるようですね。そのキーワードとしては悪玉カルシウムと海馬CAいというのがあります。
ガン
ガンといえば現代の医療を駆使しても治療することが難しいといわれる病気ですが、そのガンとカルシウム不足には一定の関係性があるようです。
心筋梗塞
カルシウム不足で引き起こされる病気には様々なものがあります。そうならないためにもカルシウム不足が起こらないように常日頃から摂取しておくことがやはり重要ですね。
不眠
カルシウム不足が不眠を引き起こす原因となる、ということを知っていましたか?
頭痛
カルシウム不足で頭痛が生じてしまうことがあります。偏頭痛のような痛みがある場合はカルシウム不足になっているかもしれません。
てんかん
カルシウム不足になると低カルシウム血症になることがありますが、てんかんの一つの原因としてこの低カルシウム血症があるようです。
リウマチ
カルシウム不足とリウマチには悪循環の関係があるといわれることがあります。それを断ち切るためにはカルシウムを十分に摂ることが重要なことでしょう。
肝臓病
カルシウム不足と肝臓病。肝臓病はすごく怖い病気ですが、そのためにもカルシウム不足にならないようにすることが大切です。
カルシウム不足と痔につながりがあるのでしょうか?直接的ではないにしろ多少の関係はあるようです。
ホーム RSS購読 サイトマップ