カルシウム不足 リウマチ

カルシウム不足 リウマチ

カルシウム不足とリウマチについて

カルシウム不足とリウマチには悪循環のような関係があるといわれます。

 

それはどのようなものなのでしょうか?まずはリウマチというのはどのような
ものをいうの見てみます。

 

リウマチというのは、肩や腰や指などの関節の痛みをさすことが多いです
が、それらの原因というのはいろいろあり、またすごく複雑なものです。

 

リウマチとう言葉をは子供に見られるリウマチ熱、主として成人女性に見ら
れる慢性関節リウマチがあります。

 

子供に見られるリウマチ熱は近年では細菌に感染する機会が減少してき
たこともあってこの病気はだんだんと減ってきているようです。

 

そして、厄介な成人、主として成人女性に多いといわれる慢性関節リウマチ
です。

カルシウム不足と慢性関節リウマチ

成人女性の多いこの慢性関節リウマチは、朝起きたに強い関節のこわばり
と痛みが特徴的です。

 

この病気は他の原因による関節炎に比べると、間接の周りの骨を中心に骨
が薄くなるといわれています。

 

カルシウム不足と慢性関節リウマチの関係については、ビタミンDが不足して
いることがあるケースがあるようです。

 

どういうことかというと、慢性関節リウマチになっている人というのは、関節が
不自由で痛いために食欲があまりなく、また外出もしないことが多いため
に(日光を浴びる機会が少ない)、ビタミンDの合成が十分に行われず、
カルシウムを腸から吸収する力が低下している、状態にあるということが
あるんだそうです。

 

カルシウム不足になると自己免疫による膠原病としての関節リウマチにな
り、そしてその症状が進むとまた食欲不振や外出などをしないことで結果
としてカルシウムが不足し、自己免疫が弱まる。

 

このような悪循環にはまっていることもあるようです。

 

このような悪循環を抜け出すためにはもちろんカルシウムを十分に摂り、また
活性型ビタミンDなどを取り入れることも重要、ということだそうです。

カルシウム不足 リウマチ関連ページ

骨粗鬆症
カルシウム不足からくる病気といえば一番最初に頭に思い浮かぶ病気が骨粗鬆症。この骨粗鬆症というのは実は多くの人が抱える病気でもあるようです。
糖尿病
カルシウム不足と糖尿病の関係というのは実はすごく密接な関係があるようです。それはカルシウム不足から起こるインスリンの分泌と関係がるからとされています。
認知症
カルシウムと認知症との間には一定の関係があるようですね。そのキーワードとしては悪玉カルシウムと海馬CAいというのがあります。
ガン
ガンといえば現代の医療を駆使しても治療することが難しいといわれる病気ですが、そのガンとカルシウム不足には一定の関係性があるようです。
心筋梗塞
カルシウム不足で引き起こされる病気には様々なものがあります。そうならないためにもカルシウム不足が起こらないように常日頃から摂取しておくことがやはり重要ですね。
不眠
カルシウム不足が不眠を引き起こす原因となる、ということを知っていましたか?
頭痛
カルシウム不足で頭痛が生じてしまうことがあります。偏頭痛のような痛みがある場合はカルシウム不足になっているかもしれません。
てんかん
カルシウム不足になると低カルシウム血症になることがありますが、てんかんの一つの原因としてこの低カルシウム血症があるようです。
アレルギー
カルシウム不足とアレルギーには関係があります。そのキーワードとなるの免疫と情報伝達です。アトピーもアレルギーの一種であるので関係があるといえるでしょう。
肝臓病
カルシウム不足と肝臓病。肝臓病はすごく怖い病気ですが、そのためにもカルシウム不足にならないようにすることが大切です。
カルシウム不足と痔につながりがあるのでしょうか?直接的ではないにしろ多少の関係はあるようです。
ホーム RSS購読 サイトマップ