カルシウム不足 心筋梗塞

カルシウム不足と心筋梗塞

カルシウム不足と心筋梗塞について

カルシウムは血液中に一定の濃度で存在する必要がありますが、日常的
な食生活のなかでカルシウムが補えていない状態が続くと血液中のカルシ
ウム濃度というのは下がってきます。

 

しかし、血液中の正常なカルシウム濃度を維持しないままにしておくことは
できないので、そんな場合人の体は骨に貯蓄されていたカルシウムを溶かし
、それを血液中に送り出すことをします。

 

(骨がカルシウムの銀行といわれるのはこのためです)

 

ではそれがどうして心筋梗塞とつながってくるのでしょうか?

 

それはカルシウム不足が続くことによって、結果として骨のカルシウムを溶かし
血液中に送り込む際に余分なカルシウムが送り込まれることがあるからです。
(この現象を「カルシウム・パラドックス」といいます)

 

余分なカルシウムがあると、それがコレステロールとまじりあい、血管壁にこびり
ついてしまう、という状態生じます。

 

血管壁にコレステロールとカルシウムがまじりあったものが血管壁にこびりつけば、
当然血液の流れは悪くなりますね。

 

血液の流れがこの血管壁にこびりついたカルシウムに邪魔をされ、それが心筋
梗塞を誘発する原因となります。

カルシウム不足と動脈硬化について

そして、このカルシウム不足により、血管壁にカルシウムがこびりつくことにより
誘発するとされている病気の代表的なものとしては、動脈硬化があります。

 

これも理屈は心筋梗塞と同じです。

 

血流の流れが阻害されることにより、動脈硬化が誘発するとされています。

カルシウム不足と心筋梗塞関連ページ

骨粗鬆症
カルシウム不足からくる病気といえば一番最初に頭に思い浮かぶ病気が骨粗鬆症。この骨粗鬆症というのは実は多くの人が抱える病気でもあるようです。
糖尿病
カルシウム不足と糖尿病の関係というのは実はすごく密接な関係があるようです。それはカルシウム不足から起こるインスリンの分泌と関係がるからとされています。
認知症
カルシウムと認知症との間には一定の関係があるようですね。そのキーワードとしては悪玉カルシウムと海馬CAいというのがあります。
ガン
ガンといえば現代の医療を駆使しても治療することが難しいといわれる病気ですが、そのガンとカルシウム不足には一定の関係性があるようです。
不眠
カルシウム不足が不眠を引き起こす原因となる、ということを知っていましたか?
頭痛
カルシウム不足で頭痛が生じてしまうことがあります。偏頭痛のような痛みがある場合はカルシウム不足になっているかもしれません。
てんかん
カルシウム不足になると低カルシウム血症になることがありますが、てんかんの一つの原因としてこの低カルシウム血症があるようです。
リウマチ
カルシウム不足とリウマチには悪循環の関係があるといわれることがあります。それを断ち切るためにはカルシウムを十分に摂ることが重要なことでしょう。
アレルギー
カルシウム不足とアレルギーには関係があります。そのキーワードとなるの免疫と情報伝達です。アトピーもアレルギーの一種であるので関係があるといえるでしょう。
肝臓病
カルシウム不足と肝臓病。肝臓病はすごく怖い病気ですが、そのためにもカルシウム不足にならないようにすることが大切です。
カルシウム不足と痔につながりがあるのでしょうか?直接的ではないにしろ多少の関係はあるようです。
ホーム RSS購読 サイトマップ