カルシウム不足とガン

カルシウム不足とガン

ガンというのは・・・

ガンというと現代の医学でもその対処方法が確立されていない難病ですが、それは悪性の腫瘍といわれることも多いですね。
その悪性の腫瘍ですが、実はそれは日常的に人の体で発生しているものなんだそうです。日常的に発生してはいるけど、それが人体及ぼす影響はないのは、常その発生したガン細胞を封じ込めているからです。ガン細胞が発生すると細胞間の情報伝達によって免疫細胞にそれが知らされます。そしてその免疫細胞がまだ小さな芽のうちにその発生したばかりのガン細胞を食べてしまうことによってそのガンは増殖をするまえに消えてしまう、ということなんです。

カルシウムとガンとの関係性

カルシウムとガンの関係性が認められるといわれる所以はその細胞の情報伝達機能と免疫細胞の免疫力にあります。
カルシウム不足によって血液中のカルシウムが不足してしまうと体内のカルシウムのバランスというのは崩れてしまいます。その時に細胞間の情報伝達機能と免疫細胞の免疫力というのは著しく低下してしまうようです。そうなると、当然ガンが発生したときにいち早くその情報を知ることができなかったり、ガンがまだ小さなうちに免疫細胞がそれを食べてしまうといことができなくなってくる現象が起こりえます。そうなってしまえば、ガンは増殖を続けていくことになってしまいます。

 

また、カルシウム不足は血液中のカルシウムの減少を引き起こして副甲状腺ホルモンの分泌を促しますが、この副甲状腺ホルモンの分泌は細胞内にカルシムを入れる働きがありますが、それは細胞の分裂と増殖を促すことになります。これは時にガン細胞の発生を促す結果にもなりかねないといわれています。

 

カルシウム不足が長期にわたって続いているとこ、免疫力の低下、副甲状腺ホルモンの分泌という2つのガンに対するリスクを負っていることになります。この状態を解消するためにはもちろんカルシウム不足にならないように常日頃からその摂取をすることがとても大切だということがいえますね。

 

当サイトトップページ→カルシウム不足

カルシウム不足とガン関連ページ

骨粗鬆症
カルシウム不足からくる病気といえば一番最初に頭に思い浮かぶ病気が骨粗鬆症。この骨粗鬆症というのは実は多くの人が抱える病気でもあるようです。
糖尿病
カルシウム不足と糖尿病の関係というのは実はすごく密接な関係があるようです。それはカルシウム不足から起こるインスリンの分泌と関係がるからとされています。
認知症
カルシウムと認知症との間には一定の関係があるようですね。そのキーワードとしては悪玉カルシウムと海馬CAいというのがあります。
心筋梗塞
カルシウム不足で引き起こされる病気には様々なものがあります。そうならないためにもカルシウム不足が起こらないように常日頃から摂取しておくことがやはり重要ですね。
不眠
カルシウム不足が不眠を引き起こす原因となる、ということを知っていましたか?
頭痛
カルシウム不足で頭痛が生じてしまうことがあります。偏頭痛のような痛みがある場合はカルシウム不足になっているかもしれません。
てんかん
カルシウム不足になると低カルシウム血症になることがありますが、てんかんの一つの原因としてこの低カルシウム血症があるようです。
リウマチ
カルシウム不足とリウマチには悪循環の関係があるといわれることがあります。それを断ち切るためにはカルシウムを十分に摂ることが重要なことでしょう。
アレルギー
カルシウム不足とアレルギーには関係があります。そのキーワードとなるの免疫と情報伝達です。アトピーもアレルギーの一種であるので関係があるといえるでしょう。
肝臓病
カルシウム不足と肝臓病。肝臓病はすごく怖い病気ですが、そのためにもカルシウム不足にならないようにすることが大切です。
カルシウム不足と痔につながりがあるのでしょうか?直接的ではないにしろ多少の関係はあるようです。
ホーム RSS購読 サイトマップ