カルシウム不足

カルシウム不足専門情報サイト

カルシウム不足が起こる理由

カルシウム不足専門情報サイト

カルシウムが不足する理由としてはやはり食生活の問題が一番大きいとされています。

 

例えば、農薬、化学肥料漬けで育った野菜類や穀類は私たちが毎日食べる食事にはたくさん含まれています。

 

さらに、ライフスタイルの多様化にともない、食生活も乱れがちとなり、インスタント・レトルト食品を普段から食べている人も今ほど多い時代はそんなになんじゃないんでしょうか?

 

これらの食品がカルシウム不足を招いてしまうことは想像に難くありませんが、インスタントやレトルト食品に含まれる弾力性や食感、変質防止などを目的として添加されてしまっている燐、がカルシウムの吸収を阻害してしまう原因ともなっています。

 

この燐というのはカルシウムとやナトリウム、鉄等と同じように体には必要な成分ですが、実際はこの燐は体のなかで増加してしまうことはあまり好ましいことではないんです。

 

体の中に燐が必要以上に増えてしまうと、体の中でカルシウムの吸収を妨げてしまい、その結果、骨
からカルシウムを遊離させてしまいます。

 

骨からカルシウムが遊離してしまうと、人の体は健康的な状態を保つために機能している様々な作用
がうまく機能しなくなる傾向があるので、これはとても危険なことであることは様々なところで叫ばれてい
るところです。

 


カルシウム不足を招く燐

カルシウム不足と燐はとても密接な関係があるわけですが、なるべくならカルシウム不足を招かない
ためにも燐を摂取せずにカルシウムを含んだ食品を食べることが最も良いとされています。

 

ただ、燐というのは加工食品以外にも牛乳、魚、肉などのような加工されていない自然食品にも実
際には含まれてしまっているので、逆にいうと、摂りすぎるなとうことの方が実は難しいかったりすのも
現状です。

 

ただ、そういはいってもカルシウム不足を防ぐにはなるべく燐やマグネシウムを含む食品には注意を払い
つつ、燐とカルシウムの割合が2対1ぐらいにとどまるようにするのが良い摂取方法のようです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ